製品詳細|株式会社栗田機械製作所

FM型フィルタープレス

FM型フィルタープレス (ろ布固定ろ枠式、圧搾型)
FM型フィルタープレスはろ過板を取り除いた画期的な機構で製造工場における、ろ過工程、上下水道、工場用水等の汚泥脱水処理やその他のあらゆる分野のろ過、脱水に使用できます。

特徴

ろ過板が無いフィルタープレス

  • 板、圧搾板のろ過面を取り除いた、薄型軽量ろ枠を使用する世界に例を見ない画期的な形状のフイルタープレスです。従来の同一ろ過面積の機械に比べ、据え付け面積で30%以上少なく、機械重量で60%以上軽く成りましたので、建家コストや据え付けコストを大幅に節減できます。
  • 機械駆動動力が、従来の機械に比べ約半分の省エネタイプになっています。
型式/特徴 省スペース 低含水率性 粒子比重大 ケーキ剥離性 サニタリー性 コストパフォーマンス
RF型
MF型
PF型
BF型
UF型
FM型
KM型
MFT型

◎最も適正 ○適正 △条件により適正

製品仕様

機種 室数 ろ過面積 ろ室容積
FMフィルタープレス主要寸法(mm)
全巾 全高 全長
重量(kg)
  • FM(PP)
  • 1000mm
  • A: 1.57m²/室
  • Q: 18.36L/室
30 47.1 550.8 2190 3263 3895 4600
40 62.8 734.4 4295 5000
50 78.5 918 4895 5500
60 94.2 1101.6 5295 5950
  • FM(PP)
  • 1500mm
  • A:3.5m²/室
  • Q: 47.5L/室
40 140 1900 2700 4842 5685 19500
50 175 2375 6185 21200
60 210 2850 6985 22900
70 245 332.5 7485 24600

(ろ室厚32mm)※多少寸法の変更を生じる場合があります。※受皿付

製品外観

FM型フィルタープレス

FM型フィルタープレス FM型フィルタープレスの詳細

工程図

FM型フィルタープレスの工程図